Business

やっぱりDropbox(ドロップボックス)は素晴らしい

Posted on 2013-08-02
dropbox

Dropbox(ドロップボックス)は、クラウドストレージサービスの世界では超メジャーなサービスなので、すでに利用されている方も多いと思います。

先日、パソコンのデータを破損してしまう事件があって、その時にやはりこのサービスは便利だなと実感したので、あらためて紹介します。

さっそくですが、Dropboxについて私なりにシンプルに説明してみます。

Dropboxをパソコンにインストールすると、Dropboxフォルダがパソコン内に作成され、そこに保存したデータは、自動的にインターネット上(クラウド)にコピーされます(2GBまでは完全無料です)

そのデータは、他のパソコンやスマートフォンのアプリからでも同期することが可能なので、インストールしている端末があれば、どこからでも、Dropboxフォルダ内のデータにアクセスすることができます。

インターネット上に自動でコピーされるという機能のおかげで、パソコンのハードディスクが突然壊れても、新しいパソコンにDropboxをインストールすれば、すぐにデータを復旧することができます。

東日本大震災による津波でパソコンを紛失してしまった友人が、Dropboxのおかげで、仕事の大切なデータや家族との写真やムービーを失わずに済み、本当に助かったと言っていました。

Dropboxには、他にも様々な機能がありますが、使い方の詳細については、ネット上に溢れているので、ここでは書きません。googleで「dropbox 使い方」「dropbox 設定」などのキーワードで検索すれば、いくらでも出てきます。

私は、仕事柄データを扱う容量が多いので、今では有料プラン(月9.99$で100GB)をつかっていますが、まずは無料の2GBから使ってみてください。

下記のリンクからDropboxに登録すると、追加で500MBのボーナス容量がもらえます。

http://db.tt/U3iUdF6t

ちなみに、他にも無料でも使えるクラウドストレージサービスはありますが、いろいろ使ってみた結果、私は大御所のDropboxに落ち着きました。

無料アカウント内で、大切な写真を保存しておくだけでも、価値があると思いますよ。一度登録すれば、スマホからでも写真やムービーをアップロードできるので、スマホを紛失したり水没させてしまっても、データが守られるので安心です。


 

新年度スタート

Posted on 2013-04-01

2013-04-01

我社の決算は3月。よって今日から新年度のスタートです。

起業して約13年が経過しました。

13年って結構な年月ですよね。

よくもここまで倒産せずにやってきたものだ。

様々な試練をなんとか乗り越え、多くの人に支えられ今があります。

ふり返ってみると本当にいろんなことがあったなぁ。。。

普通の人生は歩みたくない男がチャレンジし続けた13年間だったと思います。

そして、13年間の中で今が一番充実しています。

素晴らしい出逢いも、辛かったいろんな別れも、すべては必然だったんだなって今はわかります。

 

最近、僕が描いてきた幸せなビジネススタイルに着実に近づいています。

その完成形に向けて、5月からは様々なビジネスモデルを構築する予定です。

そんなことも、そのうちこのブログに書いていこうと思っています。

早く5月にならないかなぁ。。。

 


RSS Feed  Posted in Business

 

iPhone5とアップルの思想

Posted on 2012-09-14

20120913230853

アップルがついにiPhone5を発表しました。

9月13日のニューヨーク株式市場では、米アップル社の株価が上昇し上場以来の最高値を更新。日本の報道も、このスマートフォンの発売をニュースで大きく報じています。

さらにiPhone5の発売は米国のGDPにさえ少なからず影響を与えるとさえ予測されています。

仕事の一部ではiPhoneサイトやアプリの開発も手がけているアテルイにとっても、大きな影響があります。

iPhoneとはいったい何者なのか。

他社が新しいスマートフォンを発売したからといって、こんな騒ぎにはならないのは周知のとおりです。

現在、ハードウェア的な機能ではiPhoneよりも高機能なスマートフォンは沢山あります。

新商品のiPhone5にしても、それらに対してずば抜けて何かが機能的に凄いわけではありません。

では、なぜiPhoneがこんなにも注目されるのか。

それはズバリ「Appleのサービスに対する思想」が素晴らしいからです。

iPhone単体で使うだけでは、その実力のほんの一部分しか発揮できません。

しかし、MacやiPadなどの製品と連携したとき、その本領が発揮されます。

iTunesやiCloudを介した連携はもちろんのこと、あらゆるポイントでシームレスに使いこなすことができます。さらにデザインやマーケティング戦略も含め細部に至るまでアップルの思想が貫かれています。

詳細については、長くなるし専門的な話も多いので次の機会しますが、誰かにスマートフォンの購入についてアドバイスを求められたらこう言います。

スマートフォンとしてだけ使うならiPhoneであるメリットはそれほどありません。でも、PC(特にMac)やiPadなどと連携させて使うならiPhoneがお勧めです。」

私はアップルオタクではなく、WindowsマシンもMac以上に古くから使ってきていますが、やはり現在のアップル製品は素晴らしいというのが正直な感想です。

年内には小型のiPadも発売されるそうなので、アマゾンのKindleも含めそちらも楽しみですね。

ということで、とりあえずiPhone5は予約します(笑)

 


RSS Feed  Posted in Business

 

インターネットは平和な世界をつくるために歴史に登場した

Posted on 2011-12-02

internet

私がインターネットに出会ったのは今から約17年前。Windows95が世に出回りはじめ、地方でも一部でインターネット接続ができるようになった頃の話です。

当時から考えれば今のような定額ブロードバンド通信なんて夢のような話で、アナログ電話回線の涙が出るほど遅いスピードでネットにアクセスしていました。

しかも1分いくらの従量課金制だったので、深夜のテレホーダイの時間帯以外に長時間アクセスすると、まるでダイヤルQ2(死語?)のような電話料金の請求がきた時代です。

私は当時、夢を追いかけることに挫折したあげく故郷にもどり、地元の企業で働きはじめた頃でした。そして、これからはインターネットの時代になるような予感がしていて、当時約30万円もしたIBMの「ThinkPad 535」をローンで買いました。その頃はまだフロッピーが主流でディスクドライブは外付けでした。

キーボード入力は、小説らしきものを書いていた頃に使っていたワープロで基本操作だけはわかっていたけれど、パソコンに関する知識はチンプンカンプンだったので、詳しい友人に手引きをしてもらいながら、なんとか初期設定をして使い始めました。

最初の頃は、何が面白いかもよくわからず、他の20代の男の子と同様にエッチな画像を見て喜んでいた程度でした(笑)

やがて、ネットの世界が分かり始めるにつれ、これはとんでもないことなんじゃないか。インターネットはこれから世界を変えていくことになるんじゃないかと考えるようになっていきました。

ネットに触れ始めてから数年後の1999年、私は自分で初めてホームページを作成しました。そのホームページの名前は「INTERNET DREAM NETWORK」

インターネットの可能性について、著名で自分の想いを綴ったものでした。その頃は、ネットを悪用した犯罪などが注目され、テレビなどの既存メディアでネットが叩かれてることもよく見かけました。

でも私は、「インターネットは平和な世界をつくるために歴史に登場した」と信じていたし、それは今でも変わりません。

夢物語かもしれないけれど「世界統一言語」みたいなものがあって、世界中のすべての国がそれを第2言語として義務教育に組み入れられている。そして、世界中の子供たちが幼いころからネットを介して国境を越えたコミュニケーションをすることができなたら、彼らが大人になるころには、争いのない平和な世界が訪れるのではないかと思ったのです。

統一言語が難しいならば、超高性能な「翻訳プログラム」が開発されれば、それは可能だ。そんなことをINTERNET DREAM NETWORKのWEBサイトに綴り、「まぐまぐ」を利用してメールマガジンで情報を発信し始めました。

するとまたたくまに読者数が増え、日本中はおろか海外からもメンバーが集まって、掲示板やチャットをつかって意見交換をするようになったのです。その中には会社経営者から、海外に留学中の学生や警察庁のネット犯罪担当者までさまざまな分野の人間がいました。今でいう「オフ会ミーティング」みたいなことも東京などで定期的にやっていました。

INTERNET DREAM NETWORKのサイトは2000年に私が起業をしたと同時にクローズしました。しかし、その当時の何人かの主要メンバーとは今も深い交流があり、一緒に仕事をしたり酒を飲んだりしています。

あれから約11年の歳月が流れました。私は未だに小さな会社の経営者のままですが、ネット業界は大きく変貌し、今では社会のあらゆる場所にインターネットテクノロジーが導入され、経済はネットなしではスムーズにまわらないほどの状況です。

そして、近年大きく世界中で利用者が急増している「Facebook」や「Twitter」「Google+」などのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、国境の垣根を越えて世界中を繋げています。

東日本大震災の時も、インターネットをベースにした通信網、そしてメールやSNSが迅速に被災地の情報を世界に伝え、支援を行うために大きな役割を果たしたことは周知のとおりです。

世界中で国々で、一般市民による人権に関する革命が起きているのも、インターネットの普及によって独裁政権などが自分たちの都合の良い「情報統制」が難しくなったためです。そして、国民一人ひとりの情報交換がネットによって安価でスピーディーになったことが大きな要因です。

本当の意味で世界が平和でひとつになり「地球村」ができるための最後の壁は「宗教問題」と「エネルギー問題」です。それを解決するキーワードは「ネットワーク」と「アセンション」

どうやら夢見ていた時代が訪れる可能性がありそうです。

それについてもいろんな話がありますが、あまりにも刺激的なので今日はこれぐらいにしておきます(^^)

このブログは福島へ移動する車中の後部座席で書いています。東北自動道が工事の影響で渋滞しています。

どうやら会議には間に合わなそう。。。(^^;)

 


RSS Feed  Posted in Business

 

続・二重生活

Posted on 2011-11-19

一昨日の記事は、岩手から東京に向かう新幹線の中で書きましたが、今度は東京から岩手に戻る新幹線の中で書いています。

東京駅構内はこの数年間で大きく様変わりをして沢山の飲食店ができたので食べ歩きをしてみたいのですが、降りた後ならともかく、乗るときは時間制限があるのでいつも駅弁を買います。

私のお気に入りは、八戸真さば寿司なのですが、今日は奮発して鰺も入っている鰺鯖よくばり寿司をセレクト。これ、オススメです。東京駅にいった際はぜひ食べてみてください。

今回の東京滞在では、たくさんの友人たちに祝福していただきました。私が突然入籍したことについて、みんな驚いていたようですが「これで世の不幸になる女性の数が減るな」という最高の褒め言葉もいただきました(笑)

やっぱり友人はいいですね。東京には東京の、故郷には故郷の、その他にも全国各地や海外にまで素晴らしい友人たちがいて私は本当に幸せモノだと思います。

今日は、岩手に戻ってから妻と一緒に親戚へのご挨拶まわり。入籍のことはほんの一部の人にしか話をしていなかったので、叔父や叔母にしかられそうです(笑)

昨夜は都心で仲間たちとお酒を飲んでいたのに、12時間後には田舎町で菓子折を持って挨拶まわりをしている。そんな二重生活が、結婚をしてもしばらくは続きそうです。

 


RSS Feed  Posted in Business, Lifestyle

 

1 / 212